自信をもってドレスを着るため、ブライダルシェービングに行きました

結婚式までの準備編 お肌、ネイルのケア

あれこれ考えた末、結局ブライダルエステには行かなかった私。
ですが「ブライダルシェービングは、必ずする」と決めていました。

顔そりは普段から、自分でやっています。
しかし背中やえり足、二の腕などは、さすがに自分ではできないからです。
見えない部分、特に背中は、キレイに見せたい・・・(*^_^*)

家族などに背中を剃ってもらう方法もありますが、私はプロにお任せしよう。
そう決めていました。

近所の床屋さんに予約を入れました

私がブライダルシェービングをお願いしたのは、近所の床屋さんです。
そちらの床屋さんは、70代ぐらいのお母さん&40代ぐらいの娘さんの
親子で切り盛りされています。
ブライダルシェービングは完全予約制、ということでした。
なのでまず電話で問い合わせし、予約をしてお伺いしました。

ちなみに私は2回、ブライダルシェービングをしました。
2012年9月の和装前撮りの前が、1回目。
2012年11月の挙式の前が、2回目です。
いずれも、同じ床屋さんでお願いしました。

ブライダルシェービング、何日前にやったらいいの?

あまりに早くシェービングして、ドレスを着る頃にむだ毛が目立って
しまっては困ります。
とは言え挙式直前にシェービングして、万が一かみそり負けしてしまったら…。

ということで、私は床屋さんに直接電話してお聞きしました。

床屋さんいわく
「個人差はありますが、あまりに挙式直前のシェービングは
おすすめしていません。挙式3日前、ぐらいがベストだと思います
とのお話でした。

ということで私は、2回行ったブライダルシェービングともに
挙式(もしくは前撮り)の3日前に行いました。
おかげさまで、2回ともに本番当日は肌トラブルもなく、快適に過ごせました。

ブライダルシェービングをする際は、まず日にちに余裕をもって
お店に問い合わせをしたほうがよいと思います。
自分にとってベストな日なのに予約がとれなかったら、大変です^^;
さらに特にお肌が敏感な方は、お店の方とじっくりご相談された上で
施術の日にちなどを決めることをおすすめいたします。

床屋さんへ行く前に、まめ知識

お店にもよると思いますが、私がお世話になった床屋さんで行っている
ブライダルシェービングは、下記のとおりでした。

・和装用(白無垢など)…顔、えりあし
・洋装用(ウエディングドレスなど)…
 顔、デコルテ、えりあし、背中、二の腕

なお、和装前撮り前のブライダルシェービングの際は
来店前の準備は特に必要ありませんでした。
顔、えりあしの2箇所のみだったからだと思います。

ただし、挙式前(洋装用)のブライダルシェービングの際は
電話予約の際、床屋さんから下記の2点をお知らせいただきました。

1)ウエディングドレスから、どのぐらい背中が見えるか確認しておくこと
 →それによって、背中を剃る範囲が変わってくるから。

私は「写メを見せたらいちばんわかりやすいだろう」と思い、
シェービング当日は、下記の写メを床屋さんに見せました。
リハーサルヘアメイクの際に撮ったものです。

↓こんな感じ。

この写メを見せたら
「あ、それほど背中が開いてないドレスですね。わかりました^^」
と、即納得していただけました。


2)洋装用のブライダルシェービング当日は、肩ひもをずらしやすい
キャミソールなどを着用して来店すること

 →半袖タイプのインナーなどを着ていくと、背中を剃る際に
 脱がないといけなくなるため

いざ、床屋さんへ

いざ床屋さんへ行ってみると、雰囲気は昔ながらの床屋さん、という感じ。
でも、女性でも気軽に入れる雰囲気でした。
ちなみに、シェービングは娘さんご担当とのことでした。

床屋さんなので、男性のお客さんも来られます。
そんな中、背中などをシェービングしてもらっても大丈夫なの・・?
という心配は、無用でした。

私が座った椅子をカーテンで、ぐるっと360度隠す仕様になっていました。
よって、外からこちら側が見える心配は全くありません。
プライバシーをしっかり守ってくれるのは、とても安心です。

それからおそらくですが、女性客がシェービングで来店している際は
男性のお客さんをできるだけ入れないようにしているのでは?
と思いました。
(予約なしで来店する方もいると思うので、断言はできませんが)

なぜなら、私が床屋さんへおじゃました2回とも、施術中に男性の
お客さんは一人もいらっしゃらなかったからです。
なので極力はち合わせしないよう、配慮してくださっているのかもと思いました。
こうした心配りも、うれしいです。

シェービング後の感想、お値段など

施術はとても気持ちよかったです。思わずうっとり・・・。
さすがプロ!と思いました。

スチーマーでしっかり蒸気をあて、肌が乾燥しないようにしながらの施術。
よーく切れるかみそりで、ちょっとずつちょっとずつ、剃っていきます。
これは、プロにしかできません。

私はプラス千円で、簡単なエステもしていただきました。
毛穴の汚れを吸引したり、フェイシャルパックをしたり。
ブライダルエステには行かなかったので、このぐらいのぜいたくは
しちゃおう!と思ったのでした。^^

施術後、鏡に写った私の顔は、ワントーン白くなったように見えました。
肌もすべすべ♪

しかし、施術直後はちょっと心配になったこともありました。

私はかみそりを当てると、少し肌が赤くなる体質のようです。
シェービング直後、顔の一部がわずかに赤くなりました。
「これ、跡が残っちゃうのかな?」と一瞬心配になりましたが、
床屋さんは「たぶん肌質だと思います、すぐおさまるはずです」とのこと。
その通り、少し経つと赤みはおさまりました。ほっと安心。

床屋さんからお聞きしたのですが、どうしても”かみそり負け”して
しまう肌の方も、中にはいらっしゃるそうです。
その場合は、深剃りできるかみそりは使わず、電気シェーバーを使って
シェービングするとのことでした。
ただやはり普通のかみそりよりも、剃り味は控えめだそうです。

ブライダルシェービングのお値段ですが、私が行った床屋さんでは
和装用(顔、えりあしのみ)は2,300円でした。
洋装用(顔、デコルテ、えりあし、背中、二の腕)は、4,000円。
プラス1,000円で、簡単なフェイシャルエステをしていただけました。

ブライダルシェービングは床屋さんをはじめ、専門店もあるそうです。
専門店は、本格的なエステ+シェービングのセット、というコースも
あるようです。

自分にとってお店へのアクセスがよいかどうかや、予算などを十分
検討したうえで、挙式当日に自分が最高の笑顔で過ごすための
ブライダルシェービングをしたいですね。



スポンサーリンク

« »

トラックバック

トラックバックURL: http://35-wedding.info/bridal-shaving/trackback/

PAGE TOP ↑