やってよかった!リハーサルヘアメイク

結婚式までの準備編

結婚式をするにあたって、
「絶対これはやりたい」と最初から私が思っていたことの一つ。
それが「リハーサルヘアメイク」です。

「リハーサルヘアメイク」とは?

「リハーサルヘアメイク」とは、結婚式当日にどのようなヘアメイクをするか
担当のメイクさんと打ち合わせをし、結婚式当日を想定したヘアスタイルと
メイクを、実際に施していただくことです。
(「ヘアメイクリハーサル」などとも言います)

メイクとヘアセットが終わったら、あらかじめ決めていたウエディングドレスも
着てみます。
メイクやヘアスタイルとのバランスを見るためだそうです。
そして挙式プランに入っている「レンタル小物」も、何点かある中から
この時点で選びました。
(イアリング、ネックレス、手袋、造花のブーケ、ティアラなど)

リハーサルヘアメイクをしたかった理由

なぜ私が、リハーサルヘアメイクをしたいと思ったのか。
それは、私のふだんの”おしゃれ度”がとっても低いからです(笑)。

私はふだん、ほぼすっぴんに近いです^^;メイク苦手なんです…。
なのでどういうメイクを結婚式当日にするのかを、前もって知りたかったのです。
普段慣れていないメイクを結婚式当日にばっちりすることが、不安でした。
どのようなメイク道具を使ってどのようにメイクをするのか、
プロの方ときちんとお話しておきたい。そう思いました。
少人数の結婚式とはいえ、やはり自分の納得のいく装いをしたかったから。

それから、ヘアスタイルについて。
私は強いくせ毛です。美容室で、縮毛矯正を定期的にかけていました。
「縮毛矯正をかけている髪の毛はセットしづらい」とよく聞くので、
当日のヘアスタイルも、事前にきちんと確認しておきたいと思いました。

リハーサルヘアメイクは、オプション&平日限定でした

リハーサルヘアメイクは、オプションになりました。
挙式プランには入っていないため、私がお世話になった式場の場合は
別途1万円かかりました。
(式場によって、「ヘアメイクとお化粧がそれぞれ別料金」という
スタイルもあるみたいです)

それからリハーサルヘアメイクは、完全予約制でした。
予約できる日にちは、平日のみとのこと。
それはそうですよね、土日祝日は結婚式がたくさん入るでしょうから…。

私はこの日、午前中は和装の前撮りでした
前撮り終了後は昼食を外で夫ととり、午後にリハーサルヘアメイクを入れました。
余談ですが、和装前撮りは「平日プラン」が適用になったので
かなりお安くすみました。(前撮りも土日祝だと、料金が加算されます)

リハーサルヘアメイクの流れ

担当してくださったメイクさんは、私よりお若い女性の方でした。
結婚式当日も、同じメイクさんがご担当くださるとのこと。それは安心です。

初めに、アンケート用紙のようなもの(自分の希望するヘアスタイルや
メイクなどを記入する)を渡されたので、それに記入しました。

ちなみに私が希望したのは、こんな感じ。

・ばっちりメイクより、ナチュラルメイク
・下まつ毛にはマスカラはつけない(泣いたらパンダ目になるから)
・ヘアスタイルは「夜会巻き」(ドレスに合うと思ったから)

メイクさんは、私の希望を聞きながらメイクをしてくださいました。
(メイク→ヘアセット→ウエディングドレスを着る、という順番でした)

メイクが終わると、次はヘアセット。髪の毛を巻きはじめました。
そして私が希望していた夜会巻きも、きれいに作ってくださいました。

ヘアセットが終わると、衣装合わせ時に決めたウエディングドレスを試着。
次は小物選びです。

ブーケやネックレスなどの小物はすんなり決まったのですが、
ティアラをつけるかお花をつけるかで、私はだいぶ迷いました。
初めは「やっぱりティアラしかないでしょ」と思っていたのですが、
お花を耳の上に飾るのも、大人っぽくて可愛いなぁと思ったのです。

お花

でもそこで、メイクさんからのアドバイスが。
「お花はたしかにすごく可愛いんですが、ベールがつけられないんです。
ベールをつけたいならば、ティアラの方がおススメかもしれません」
なるほど~。

ベールに強いこだわりを持っていたわけではないのですが、
やっぱりウエディングドレスといえばベールかな、と思ったので…

初志貫徹。ティアラに決定しました。

大きな鏡で、全体的なスタイルも自分自身でくまなくチェックしました。
メイクさんとドレスのおかげで、見たことのない私がそこにはいました。
「私、本当に花嫁になるんだなぁ・・」と、実感。

チェック

実はリハーサルヘアメイク中、夫は買い物に出かけていました。
ちょうど全て整った頃に戻ってきたので、さっそくチェックしてもらいました。
「うん、可愛い。いい感じだよ」と言ってもらえたので、ほっとひと安心。

関西ご出身のメイクさん、とても話しやすくて親しみやすい方でした。
夫も関西人でノリがいいので、その後は3人でしばらく雑談(笑)。
メイクさんに「結婚式当日も、よろしくお願いします」とお伝えして、
この日は滞りなく終了したのでした。

リハーサルヘアメイクの必要性

リハーサルヘアメイクは、たぶんオプションになる式場が多いのではと思います。
ですので必要性をあまり感じない方は、やらなくてもよいかもしれません。

ただ、私のように
「普段メイクをしないから、当日いきなり結婚式用のメイクをするのは少し不安」
「くせ毛だから、希望しているヘアスタイルはちゃんと作ってもらえるかな?」
などと心配に思う方は、やってみて損はないでしょう。
私はやってよかった!と、心から思います。



スポンサーリンク

« »

トラックバック

トラックバックURL: http://35-wedding.info/rehearsal-hair-make/trackback/

PAGE TOP ↑