席札を手作りしました

結婚式までの準備編 手作りしました 節約しました

招待状に引き続き、会食の時に使う席札も手作りしました。

招待状は無料サンプルで作りましたが、席札は無料サンプルを送ってくださった
メーカーで作っているものを、文具店で買いました。

↓招待状と見比べると、何となく紙質とか似ているでしょ?^^

招待状と席札は同じ雰囲気のものにしたいな、という、私の小さなこだわりでした。
総勢7名の結婚式なので、10枚入りの席札を1パック購入で十分足りました。

招待状と同じく、席札もメーカーのホームページからテンプレートをダウンロード
して使いました。
Wordの基本的な操作を知っている方なら、誰でも簡単に使えると思います。

席札に印刷したのは、こんな内容です

席札にはこんな感じで、自分のプリンタで印刷しました。
(詳細は個人情報なので、詳しくお見せできず申し訳ありません)

・表…名前を印刷
(義母と私の父は招待側にあたるので、敬称なし。親族には敬称をつけました。
小さいお子さんの分は「○○○○”くん”」と書きました)

・裏…メッセージを印刷

「私たちの結婚に際しまして
何かとご配慮いただき
本当にありがとうございました
まだまだ未熟な二人ですが
今後ともよろしくお願いいたします
2012.11.○○ 
○○・○○(私たち夫婦の連名)」

メッセージは、席札を作っているメーカーのホームページから
ダウンロードしたテンプレートの文面を、そのまま使いました。

シンプルだけれど、あたたかみのある色合いの招待状&席札が作れて
自分的には満足でした。
夫にも「自分で作ったの?すごいね」とほめてもらいました♪

席札は、ゆとりを持って式場へ郵送しました

私たちは当時北海道在住、結婚式場の場所は大阪でした。
よって手作りした席札は、結婚式2週間前に式場へ普通郵便で送りました。

式場スタッフの方に確認したところ、
「2週間前までにはお送りいただけますと助かります。
普通郵便で大丈夫です」
とのことだったためです。

席札を送って数日後、
「席札が本日届きました。たしかにお預かりいたします。ありがとうございます」
と、式場スタッフさんからメールをいただきました。ほっ。

席札を式場へ郵送する際、普通郵便でOKかどうか、いつまでに
郵送すればよいかなどは、式場それぞれ異なると思います。
各自でご確認をお願いいたします。

いろんな席札、あなたはどれが好き?

”席札”と一言で言っても、いろんなタイプがあります。

例えば私が今回買った席札のように、二つ折りにして立たせることができる席札。

こちらの席札の場合は、参列者のお名前の部分のみ自分で印刷し、
台紙に差し込むタイプだそうです。凝ってますね~。

結婚式 席札 蝶シリーズ 10部セット

結婚式 席札 蝶シリーズ 10部セット
価格:1,000円(税込、送料別)

シンプルな置型のタイプ。

なんと、食べられる(!)席札も。
これはスゴイですね~!見て楽しい、食べておいしい。
参列者の方にも、きっと喜んでいただけることでしょう。

ペーパーアイテムは節約しやすいものでもあるので、できるだけ自分たちで
手作りする方も多いと聞きます。
私は少人数の会食だったので、迷わずこの方法を選びました。

もちろん「時間の節約」として、式場にすべておまかせするのもよいですし
食べられる席札のような、楽しいアイデアを活用するのもステキです。

「自分たちの結婚式には、コレがぴったり!」という方法を選んで無理なく
楽しく、準備を進めていきたいですね♪



スポンサーリンク

« »

トラックバック

トラックバックURL: http://35-wedding.info/sekifuda/trackback/

PAGE TOP ↑