サードプレイスで、私たちは出会って結婚しました・・・「サードプレイス」とは?

結婚式・新郎新婦の心理編

「サードプレイス」という言葉をご存じでしょうか?
家でもない、職場でもない、「第3の場所」を指す言葉だそうです。

「ふたりは、どこで知り合ったの?」
と、夫と私はよく聞かれることがあります。

たしかに、疑問に思われるのも無理はないかもしれません。
夫は関西人、私は東北人。職種も違うし、住んでいた場所も違う。
年も少し離れています。

どこで知り合ったかというと、心理学のスクールです。
お互い関東に住んでいた頃、仕事の後に週1の割合で夜クラスに通っていました。

そのスクールは全国に4か所ありますが、私たちは東京(銀座)にあるスクールに
通っていました。
そのスクールを修了することで民間資格を取得できますが、私はどちらかというと
「自分が生きやすくなるため」に心理学を学んでいました。

私は29歳で東北から関東に単身で出て、一人暮らしを始めました。
幸いにも、すぐに都市銀行の派遣社員として転職することができました。

しかし人間関係で悩み、一時仕事に行けない状態に。
わずかな時期ですが、心療内科にも通いました。

そんな中、私は気づきました。
「今まで過ごしてきた社会人生活で、私は同じ失敗を繰り返してきた。
今回またこれで逃げだしたら、また次の転職先で同じ問題に出会うだろう。
薬を飲んだとしても、病院に通ったとしても、私の心のクセは治らない。
自分で自分をよく見て軌道修正していかないと、私はずっとこのままだ」

もう、同じ失敗を繰り返す自分になりたくない。
そう思ったときに出会ったのが、「心理学」という学びでした。

一方夫も、仕事やプライベートでさまざまな悩みを抱えていました。
そんな中、人間関係を見つめなおすために、心理学を学ぼうと思ったようでした。

私たちは受講期が違うので、もしお互い毎週きちんと通えていたら
たぶん出会うことはなかったです。
お互いに仕事の都合で毎週続けての受講ができず、振替受講をしたことが
何度かありました。
それらの小さな偶然が重なりあって、私たちは出会うことになりました。

それから「心理学」という学び自体が、ふたりの距離を縮める大きな要素に
なったように感じます。

心理学を学ぶうえで大事なのは、「自己開示」です。
(「自己開示」→自分自身のことを、周りの人に言葉で伝えること)
私が学んだスクールは、受講生同士のコミュニケーションを
しっかりとれるようなカリキュラムになっているためです。

自己開示を周りの人に聴いてもらえるだけで、とても心は救われます。
また、周りの人の自己開示を聴かせてもらうことで、
「この人は、大変な人生を歩んできたんだなぁ・・
それなのにこんなに笑顔でいられるなんて、素敵な人だなぁ」
などと、たくさんの気づきをもらうことができるのです。

私は夫の自己開示を聴いたとき、
「この人すごい!」
と素直に思いました。
そして、
「もっともっと、この人のことを知りたい」
と思いました。

さらに、そんな私の背中を押すような、
「まるでドラマっぽい!」
と思ってしまうようなすごい確率の出来事が起こったことも、
私たちをつなぐ大きなきっかけになりました。
(この話は長くなるので、そのうち別なところで書きます^^)

私は心理学で学んだことを糧に、結婚退職までの5年3ヶ月を無事に銀行で
働き続けることができました。

派遣社員から契約社員となり、銀行の全支店を対象にした表彰制度で2度、
事務部門の表彰をいただきました。
さらにありがたいことに、当時の支店長から
「行員(正社員)になる気はある?推薦しようか」
と、お話をいただいたこともありました。
全国転勤のある夫についていくつもりだったので、残念ながら泣く泣く
お断りしましたが・・
自分という存在を認めていただけたことが、素直にとても嬉しかったです。

仕事で出会ったお客さまや同僚、先輩、上司、すべての方との思い出が
今の私の宝物です。
そして、そういう考え方ができる自分へ導いてくれたのが「サードプレイス」
だな、としみじみ感じるのです。
夫とも出会えましたし、ね^^

自分にとってサードプレイスといえる場所は、人それぞれです。
「習い事やスクール」という人もいれば、「本屋さん」「CDショップ」「カフェ」
などなど、いろんなパターンがあることでしょう。

あくまでも私の勝手な考えですが、サードプレイスで出会った人とは恋愛に
発展することも少なくないかも?と思います。
私がそうだったから、そう言っちゃうのですが・・・(笑)

もちろん恋愛対象になる人だけでなく、ありのままの自分をさらけ出すことの
できる仲間を見つけるチャンスも生まれる。
それが、サードプレイスだと私は思います。

職場の方と仕事の後に食事に出かけたり、飲みにいくことも楽しいし、
仕事を潤滑に進めていくうえで非常に大事です。

でも、サードプレイスで出会った
「自分の家族のことや職場の空気を知らない人」と話をして客観的な意見を
もらうのも非常に有意義だと、私は思います。

実際私が通っているスクールには、OLの方、サラリーマンの方はもちろん
子育て中の主婦の方、自営業の方、お医者さん、弁護士さん・・
職場や年齢、性別の垣根を越えて、いろんな方がいらっしゃいます。
自分とは違ったフィールドで活躍されている方から客観的な意見をもらう
チャンスが、とても大きいです。

もし「いい出会いがほしいなぁ」と思っている方は、ぜひご自分が楽しめて、
心地よいと思えるサードプレイスを探してみてはいかがでしょうか。

もしかしたら、仕事でも家でも得られない、素敵な出会いが待っているかもしれません。



スポンサーリンク

« »

トラックバック

トラックバックURL: http://35-wedding.info/thirdplace/trackback/

PAGE TOP ↑